古くても20年ぐらいお住まいになられるのが普通です

京都は、ファミリータイプの賃貸住宅が少ないので、賃貸も相当古いものが多いです。すると、狭くて古い住宅に、赤ちゃん連れのお母さんが住んでいるのをお見掛けしました。専業主婦のようです。こんなところにまで住むようになったのかと、驚きました。どう見てもちく50年近い物件です。新しいところは、高いし、少ないので、仕方が二のでしょうが、どうして、郊外に住むという選択がないのか不思議に思います。郊外であれば、もっと広く、快適な環境があるのではないでしょうか。わざわざ、こんな狭くて、設備の悪いところに住まなくても、と感じました。職場に近いということが重要なのでしょうね。公園も小さくて、いいとも言えないのです。それでも、だいぶ長い間、づンでいる方も多いです。20年ぐらい当たり前になっています。古いと、冬になると結露して、天井から、お水が流れてきたりもしてびっくりします。それが、5軒ぐらい連鎖して起こります。脱毛ラボ スピードコース