薬なんてやっていません、疑わないで下さい

こちら、元来目の下にクマがありまして、此度、覚醒剤で花形が逮捕陥るのがザクザクじゃないですか。それで通っている歯医者の先生が何やらこちらは薬をやっていると思っているんですよ。こんなわけないじゃないですかね、急に発狂したり、舌が回らないとか、まぶたが血走っているとかがいらっしゃるわけじゃないし、そういったぶつを手に入れる戦術だって知らないし、仮にやってたらとうに捕まってあるだろうし。何故、疑われていると感じているかというと、「何か、薬飲んでる?」と前に聞かれたことがあり、いやと答えたのですが。そのときはこちらは歯の治療で他の薬を飲んでいるか何とかで聞かれたかと思ったのですが、先生は薬物で聞いていたんじゃないかと今になって思うんです。というのも、近頃、大変だったねなんて哀れむような面持ちしていうから、え?と思っていましたが、最近の覚醒剤のお知らせで、到底先生、私の実態疑っているのじゃないだろうなと見なし始めてしまったのです。実に悔しいですよ。だから、歯医者も変えようかと思っているのです。先生も前よりこちらに触る動向が何だかぎこちなくなってきてるし、微笑が減ったのです。相応しい不便ですよね。

私のキャパが一杯になると、息抜きに少し高めのお菓子を用意してくれる主人

子どもの世話をしながら正社員で働いています。
子どもの保育所への送り迎え、食事、入浴、寝かしつけ等私の起きている時間はほぼ仕事か子どもの面倒を見ている状態です。
普段は文句も言わず、その様に一日中動いていますが、やはり寒くなり子どもが言う事を聞かなかったり、主人だけ自由に食事に行ったりしている姿を見ると不平を感じます。
時折チクチクと文句は言いますが、代わってくれる様子はありません。
正直期待もしていません。
朝が弱い事、冬が弱い事は結婚して5年目になり重々承知しているからです。
でも、少しは悪いと思っている様子で文句を言ったら数日間は私の大好きなお菓子や子どものお菓子を買って来てくれます。
私は直ぐに全部のお菓子を食べてしまうので、見えない様に分からないように買って置いておいてくれます。
今回のお菓子は濃厚な抹茶のクッキーでた。
キッチン用品を落とし、ふと開けてみた扉の所に隠されていました。
数週間前には無かったのできっと最近隠してくれたのだと思います。
もしかしたらもっと他の所にも隠されているかもしれません。
あまり探さず、偶然見付けた時の喜びをかみしめたいです。