安来節を踊る『お釈迦様もみてる 学院のおもちゃ』

今野緒雪さんのライトノベル『お釈迦様もみてる 学院のおもちゃ』。2009年4月10日に初版が発行されました。『後事の種』『失せ物もらい物』『悩むな!』『嵐の前の平和』『推理と事実の落とし穴』『Don’t stop!』『事後のご褒美』で構成されています。
生徒会の手伝いをすることになった1年生の祐麒。友人のアリスや高田、そして友人かよくわからない小林も一緒に手伝うことになる。そんな中、烏帽子親である生徒会長の柏木優からあるものを渡される。それは安来節の道具で、全校集会で生徒会の出し物で踊るようにと命令される。
安来節のビデオを借りるための図書カードが無くなるなどの事件もあったが当日に向け笑いをとるために頑張る中、生徒会副会長のランポーがある団体に追い回されたり、生徒会室が荒らされたり、祐麒が柏木のお弁当当番に追い回されたり問題が尽きなかった。そんな中待ちに待った集会の当日、祐麒は生徒会室に現れなかった。キレイモ プラン変更